日本薬史学会
The Japanese Society for History of Pharmacy (JSHP)
 


 

ISHP Congress

第43回 International Congress for the History of Pharmacy のお知らせ

 ワルシャワ(Warsaw)、ポーランド国  2017年9月12~15日  

 Iwona Arabas 大会会長は、丁度ポーランド薬局方(Parmacepoea Regni Poloniae)が1817年に刊行されて二百周年に当たる年でもあり、多数の参加を期待されております。

会議のトピックスとしては、
① herbals (薬草処方)、antidotaria(中世の薬の組成と製剤に関する基準、処方集)、医薬品の規格書と薬局方:規格の統一を遂行するためのストーリー
② 医薬品組織・機構の歴史

日本からの参加が10名を越えるようでしたら、ツアーの企画も考えたいと思っております。                           (国際委員会 森本)

43rd International Congress for the History of Pharmacy